ノンバンク事業への政府の関与とその限界

2009年に早稲田大学消費者金融サービス研究所が主催した公開シンポジウムの中で、福井教授(政策研究大学院大学)が基調講演を行いました。

一部抜粋します(出典:http://www.waseda.jp/prj-ircfs/pdf/symposium012.pdf

政府の関与は果たして適正だったか?

私からは、貸金業規制や金利規制等についての理論的考察と、それらの政策論としての今後の展望についてお話しさせていただく。 まず、政府の関与が民間活動に対して、どういう場合に、どの程度許容されるものか整理しておきたい。基本的に、国家機能というものは“必要悪”である。国家権力が力を持ちすぎると、国民の自由や権利が束縛されることは古今東西の歴史も証明している。そこで先進諸国が定めたものが憲法の人権規定、すなわち国家が人民に対してやってはいけない“べからず集”である。

これらの規定は、同時に法と経済学の観点からも説明がつくものでなければならない。あらゆる法律や政策には、こうした観点からの検証が不可欠である。経済学や法と経済学の知見によると、国家が民間に対して介入してもよいとされるのは、“資源配分の効率性”
すなわち社会を貧しくしないという観点から、①公共財、②外部不経済、③取引費用、④情報の非対称、⑤不完全競争の5つの領域だけである。さらに別の観点から、憲法25条の生存権の保障に象徴される所得再分配というものもあるが、これら以外の理由で政府が民間活動に関与する理由は理論的にまったく存在しない。

ところがこの貸金業規制については、残念ながらこうした原理的考察、実証的考察が十分になされているとはいえない。金利規制や総量規制などが、これらにあてはまるかどうかを検証すると、どれにもあてはまりにくいというのが多くの研究者の共通認識である。

たとえば「公共財」は、同時消費が可能で他者の受益を排除できない財だが、フリーライダーが生じるため、政府が適切に介入しないと有益なサービスの供給がなされなくなるおそれがある。防衛や外交はその典型である。銀行が預金をもとにその何倍もの貸出を可能にしているのは、そこに信用創造機能が存在するからであり、社会の富を拡大するシステムと解釈すれば金融のシステム自体は公共財といえる。だがノンバンクに対して金利の上限や貸出における年収の倍率を決めることは、公共財ではなく私的取引への介入に過ぎない。

「外部性」はどうか。高金利や総量規制の枠を超えた貸し借りは、必ずしも他人に利益や不利益を与えるわけではない。最近でこそ減少してはいるが、市場には依然多くの金融業者が存在し、多くの借り手がいるという点では「不完全競争」でもなく、政府が競争政策という形で関与するべき合理的理由もない。 一方「情報の非対称」はあり得る話かもしれない。借り手が金融商品に関して、あるいは貸し手が借り手の信用リスクについて十分な情報を持たないと、借り過ぎ・貸し過ぎが起きたり、逆に貸出拒否が起きたりする。保険市場などにも同様の問題があるが、こうした情報の非対称性を放置すると市場縮小の懸念があるという意味では、政府が介入して情報共有を進めさせるべきであろう。あるいは、情報の非対称に起因する問題発生に備えて保険や補償の制度を整備させることも政策セオリーの通りだが、それが金利規制や総量規制に行き着くというロジックはない。

自治省とう機関

自治省(じちしょう)は、1960年(昭和35年)7月1日から2001年(平成13年)1月5日まで存在した、地方行財政・消防・選挙制度等を所管した日本の中央省庁。長は自治大臣。
出典:wiki

事業を応援する資金を確保する為に銀行に相談

会社を営む方々などは、たまにお金を借りる事を検討しています。なぜなら、運転資金がかなり大きくなる事もあるからです。そういう時には、自治体に相談する選択肢も一応あります。各公共団体などでは、事業を営む方々を応援する制度も採用しているからです。現にそれで、問題が解決する事例はあります。

しかもそういう制度は、高額借入可能なケースも目立ちます。運転資金などはかなり大きくなりますから、相談してみるのも一法ではあります。ただそれには、ネックも1つあるのです。基本的に借りるまでには、多少の日数を要する傾向があります。やはり役場などは、手続きがそれなりに長くなりがちですね。

それよりは、近所の金融機関で総合口座などを作ってみると良いでしょう。借りられる金額は、自治体よりは低めになるケースもあります。それでもスピーディーに借りられる傾向は多いですから、相談するのも悪くない選択肢といえます。ただし、当然審査が行われる事になります。

行政や公共分野での利用範囲の拡大

公的な納付に係る電子納付の普及促進

電子納付については、既に国税のe-TaxではPay-easy!に対応していることや、一部、自治体においては自動車税等の税金やふるさと納税等をクレジットカード等での納付手段の拡充が進んでいるが、未だ可能ではない自治体等も多いです。これに対応すべく、政府は平成29年1月に運用が開始予定のマイポータル/マイガバメントに電子決済ポータル昨日を設け、利便性の高いクレジットカード決済等、税金等の電子的な納付が可能となるよう検討に入っています。

平成28年度予算においては、システム対応等の予算を確保しており、自治体等には、必要に応じて地方税等の電子納付に必要な制度整備等の検討に入っています。地方税に係るクレジットカードによる収納については、現在、自動車税、軽自動車税、固定資産税、住民税等を中心に16都道府県で導入済みである。今後もマイナンバー制度の導入等、制度変更やシステム更新等が多く、効率的な対応が進められています。

官公庁におけるクレジットカード決済の促進

官公庁では、国内外の出張時の経費や高速道路料金等の支払い、インターネットでの少額物品の購入等において、現金からクレジットカードによる決済を進めており、現金等での取り扱いを減らすことで事務負担の軽減を図っている。今後も、公的分野においては、クレジットカード決済できる範囲を増やし、コスト削減効果の具現化を図っています。

地方自治体におけるクレジットカード利用の普及

地方の商店街や観光地等でのクレジットカード等の決済端末の導入促進

都市圏においては、クレジットカードによる資金決済可能な店舗やサービスが多く見られますが、地方においては未だ現金決済のみの店舗やサービスも少なくありません。そのため、商店街や観光地にて買い物等を行う際にクレジットカードが使用できない店舗棟が多いことから、カード使用環境の整備が望まれています。経済産業省は、地方の商店街における決済システムの構築を目指し、平成25年度補正予算では「商店街まちづくり事業」を活用し、22の地域に決済端末の導入を行っています。今後も予算策定において、地域経済の活性化策を講じる中で資金決済分野においても対応を継続するとしています。

海外の発行クレジットカード等での交通系カードの利用環境の整備

訪日外国人は、日本に来た直後、円通貨を保有していない場合が多いことから、訪日外国人が保有する海外のクレジットカードで鉄道等を交通系カードの利用環境の整備の構築が望まれています。交通系ICカードを海外のクレジットカードで購入を可能とする取り組みが進んでおり、空の玄関口である成田空港や関西空港において、パスポート確認を行う際に販売ができるよう検討を進めています。

百貨店における面前決済の一般化

訪日外国人が百貨店等にてカードで買い物を行った際に、百貨店の店員がカードを持って顧客から確認できない奥のレジ等で決済処理をすることについて、訪日外国人が不安を感じてしまうということが課題として挙げられています。そのため、その場で決済ができる面前決済の導入が進んでおり、百貨店業界全体に広がる動きを見せています。

自治体や銀行などの融資と体調などの注意点

たまにお金が必要になった時にインターネットで情報収集などを行い、どこか業者からお金を確保する事もあるでしょう。ただ、無審査キャッシングなどには要注意です。そのようなタイプの業者ですと、たいてい何らかのトラブルが起こり得ます。後々になって督促が来てしまう事もあるので、やはり避けるのが無難でしょう。

そのような会社を避けるとなると、他には2つの手段があります。まず自治体などに相談してみるやり方もあるのです。一部の自治体などでは、融資を行ってくれる事もあります。

それともう1つは、きちんとした金融機関を利用する事です。それなりにきちんとした銀行などでは、やはり無難な商品を扱っている傾向があります。ただそれらの会社で申込をする時は、実は体調なども1つのポイントになるのです。体調不良になってしまっていると、たまにそれらの会社ではお断りになってしまう事もあります。原則として体調が万全な状態になってから、申込するのが無難でしょう。

 

参照サイト:

http://消費者金融のおすすめ.com/

開業で急ぐ時に助かる勤人信用貸

人によっては、来店客をもてなすお店を開業する場合があります。いわゆる設立を行う訳ですが、残念ながら予算不足になる事例も多いです。求められる予算が200万ですが、手持ち資金は130万などの具合です。当然それでは、開業手続きが前に進みません。

そういった時に、勤人信用貸というサービスが活用されるケースは、実は少なからず見られます。そもそも上記のような局面では、基本的には地方自治体などに相談が行くでしょう。ちょっと公共機関からお金を借りて、何とかするケースが殆どです。現に確かに利息も高めと言えます。

ところが開業資金に、たまに早さが求められる事もあるのです。数週間後で調達できるような状況では良くなく、即日融資でないと困る場合があります。それで勤人信用貸というサービスならば、とても速やかな手続きも可能なのです。すなわち、早さが勤人信用貸のメリットです。急ぎ調達を考えるならば、ちょっとそういうサービスを検討すると良いでしょう。

個人向け金融(ローン)に関する多角的な論点

サラ金から消費者金融に変わって使い勝手も向上

サラ金という言葉にはあまりいいイメージはありませんが、消費者金融と同じものであり、消費者金融のコマーシャルはテレビでよく放送されています。有名なタレントをコマーシャルに出演させている消費者金融も少なくありません。そういった意味では、消費者金融は社会に認知されているといっていいでしょう。

銀行のカードローンやクレジットカードのキャッシングと共に、消費者金融のカードローンが世間でよく利用されているのは、銀行のカードローンやクレジットカードのキャッシングの利率と比べて、消費者金融はほとんど変わらないと言えるからです。つまり、サラ金と呼ばれていた時代に高い利率で融資していた頃から比べると、消費者金融は非常に借りやすくなっているのです。

また、担保が不要で保証人もいらいないという条件も銀行のカードローンと変わりません。銀行が個人向けのカードローンに乗り出したことで、消費者金融は同業他社だけではなく、銀行も相手にしなくてはならなくなっているので、個人客に出来るだけ借りてもらおうといろいろな工夫を行っています。たとえば、期間限定で無利息で融資するといったサービスがそうです。そういったサービスを上手に利用出来れば、消費者金融はお得に使うことが出来るでしょう。→ おすすめランキング(消費者金融一覧)

 

サラ金の問題を多角的に見ていく

お金に困った時にサラ金についての情報に関心を注いでいくといった行為は、ごく自然な流れになりますね。適切な消費者金融を利用していくようにするということがものすごく重要なポイントになるのですが、これからは有益とされる情報というものにも関心を示していくことが大切にもなっていくのではないでしょうか。

また、日本人に向けたサービスというものも全国の金融業者では始めていくようにすることが大事になっていくのでしょう。サラ金の問題をわかりやすいものへと変えていくような取り組みもこれからは非常に意味のある行為となるからです。そして、返済までの道のりというものをしっかり立てながら、お金をきちんとしたかたちで借りていくようにするということが当事者には求められていくのです。

それに加えて、収入に応じた過不足ない対応というものも現在では関心を集めていますよ。雇用形態によって借りることをあきらめてしまっていたという方でも、こういう存在が登場したおかげで未来が開けていくようにもなっていくのです。これまでの内容を踏まえていくことにより、サラ金の根本的な問題にも冷静に対応していけるような展開が出ていくことにつながるのです。

 

債権に関わる専門職と専門用語対訳辞書

一部業界では、たまに債権に関する問題が発生しています。専門職の人々としては、そういった業界の人々と話をする事もあるでしょう。一般労働者派遣業務や不動産業などと、それこそ多彩です。後者などは、管理及び契約手続きに関して専門家と相談する機会も多く見られます。

ところで債権に関する相談が持ちかけられた時には、様々なケアなどを行う必要があります。それで相談を受け付ける側としては、何とか知識を習得したいと思う事もある訳です。時には専門書籍などを熟読する事もあるでしょう。ただし専門書には、もちろん様々な用語が登場する訳です。

しかも日本語だけではありません。時には海外用語などを確認する事もあるでしょう。海外法律に携わる人々などは、特にそういった傾向が見られます。それゆえに債権に関わる専門家の人々としては、専門用語対訳辞書などを参考にしているケースが殆どですもちろん辞書だけでなく、様々な書籍を参考にしている訳です。

 

金融庁というのは

金融庁は金融業に関するすべての体制を整えています。ですから、しっかりと過重な融資がないように、ということを指導していたりします。一部、講座なども開いているところもあり、金融業者、金融機関などが参加していることもあります。とにかく、体制の強化をしっかりとするようにしているのがこの手の省庁になっています。

一種の利権ではあるのですが、それでも金融システムの安定のためには非常に重要なことであるいえます。非常に重要な省庁であるといえます。当然ですが省庁というのはどこも大事ではあります。それはとても難しいことをしています。そして、一般人でもかなり役に立つことがあります。これが闇金であるのかどうかを確認するときです。

まず、金融関係というのは金融庁のすべて登録されています。そして、それは一般人でも確認できるようになっている、ということになっています。それでみつけることができるようになることでしょう。これはポイントになります。

 

金融庁ホームページ
www.fsa.go.jp/

金融庁における「職場つみたてNISA」の取扱規程等について公表しました。 「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」(案)への意見募集(2月14日まで)について公表しました。 アジア地域ファンド・パスポート(ARFP)に係る申請手続きについて公表しました。 長い間、お取引のない預金等はありませんか? つみたてNISAをはじめる方へ:金融機関で行う手続きをフロー図にしました。 「安定的な資産形成について考えるシンポジウム」を開催します。 仮想通貨に関する情報を掲載しました。 カードローンホット